MENU

アデノシンの働き

核酸の一種でDNAの遺伝情報に用いられたり、エネルギー輸送と関係する成分であるアデノシンは、育毛効果が有効な成分として注目を浴びています。

 

育毛剤において、FGFー7という名の発毛因子を聞いたことがあると思われますが、発毛を指示する毛乳頭細胞に働きかけ、発毛を促進するのですが、たくさん作り出す成分がアデノシンなのです。

 

他の育毛剤よりもこのアデノシンを含んだ育毛剤の方が高い効果を実証したという調査結果も出ています。具体的には上記のとおり発毛促進因子FGFー7の育成を促進する以外にも、毛根の成長期を延ばしたり、血行を促進させる働きがあります。

 

成長期、休止期、退行期という毛髪のサイクルがあるなかで、薄毛は成長期が短く休止期が長くなってしまうので、アデノシンは毛根を退行期へ移るのを防ぎ、成長期を伸ばす働きをします。成長期が伸びることで毛が太く長く成長できるわけです。また頭皮の血行促進は発毛を促すだけではなく、頭皮環境を整えてくれるので、頭皮に関するトラブルを防ぐことが期待できます。

 

アデノシンには、抜け毛が多くなったり、髪にコシやハリがなくなったような人ほど、より高い効果が得られるとされています。

 

人気がある女性用育毛剤はこちらのページでご紹介しています。