MENU

ヘアサイクルを正常に保つことは薄毛にならないための基本

女性用育毛剤

髪の毛が抜けて、また新しい毛が生えてくる仕組みをヘアサイクルと言います。

 

ヘアサイクルには3つの状態があり、成長期、退行期、休止期を繰り返しているのです。

 

毛根にある毛細胞の分裂によって作られた毛は、およそ3から5年かけて成長します。これが成長期です。

 

ある程度成長した毛は成長が止まり、およそ3週間の退行期に入ります。

 

そして、次の成長に備えて抜け落ちていき、約3ヶ月の休止期に入ります。この周期がしっかりと守られて、正常な状態のヘアサイクルが営まれていることによって、常に髪の毛の総本数はある程度一定に保たれているのです。

 

このようにヘアサイクルの仕組みが健全に保たれていると、成長期の期間や成長の速度に大きな変化は現れませんが、何らかの要因が重なることで成長期が短くなったり、休止期が長くなることでこの周期に乱れが生じ、生えてくる毛よりも抜けていく毛の方が多くなってしまいます。

 

また、産毛の状態で抜け落ちていくことで、次第に薄毛になっていってしまうのです。

 

このように、周期が乱れていってしまう要因には、いくつかの原因があります。

 

考えられる原因

女性の場合は加齢によってホルモンバランスが乱れたり、ストレスがたまったり、肩凝りで血行が悪くなる、睡眠不足、ダイエットなどがあります。特に女性ホルモンの分泌が減少する更年期以降には、毛根の細胞に働きかける男性ホルモンが優位になるため、急激に薄毛になることがあります。

 

その他にも、生活習慣の乱れによって、必要な栄養が毛根まで運ばれなくなり、そのことで毛簿細胞が毛を作れなくなり、休止期が長くなってしまうことがあります。

 

個人によってこの周期には、ある程度の差がありますが、薄毛になっていっているのを自覚したら、ヘアサイクルが乱れているということを認識して、対策をしていきましょう。

 

特に生活習慣を見直すことは、自分でしかできないことです。食生活をはじめ、睡眠不足や運動不足を自覚できるならば、改善していくように努力をしましょう。

 

生活習慣を正すことを基本とし、プラスα女性用育毛剤などで頭皮環境を整えると良いですよ。