MENU

女性は薄毛の始まりは極めてわかりにくい

女性用育毛剤ランキング

高齢の場合には、薄毛になる方も増えます。

 

加齢に伴い体の状態なども変化していくため、老化により、頭皮などにも影響がでてしまい、抜け毛増加や薄毛の状態になることもあります。

 

ですが、老化以外にも、薄毛になる原因はあります。

 

若い世代でも薄毛で悩む方は増えており、男性だけでなく女性でも抜け毛や薄毛になる方も増加傾向にあります。

 

抜け毛が増加する原因には、生活習慣などの乱れによりおきることがあります。

 

不規則な生活が日常化している場合、睡眠がきちんと取れていない場合なども、自律神経やホルモンバランスが乱れ、これが、抜け毛増加につながると考えられています。

 

また、女性の場合では、男性のように頭頂部や前頭部の生え際などから徐々に髪の毛が抜けていくようなわかりやすい進行をするわけではなく、頭全体から髪の毛の量が徐々に減っていくため、抜け毛が増加したことを日頃から注意深くチェックしていないと、その進行に気づくのが遅れることもあります。

 

また、女性の場合には、男性よりもファッションにこだわる傾向も強いため、服装にあわせて髪の毛をいじり、髪形を頻繁にかえたり、ヘアカラーやパーマなどをして頭皮や髪の毛に負担をかけることもあります。

 

これも、抜け毛が増えてしまう原因になることがあります。

 

このように、女性の場合には、さまざまな抜け毛が増加する原因があるため、これらをできるだけ改善していくことで、対策や予防をしていきましょう。

 

規則正しい生活習慣を心がけることで、自律神経、ホルモンバランスが乱れないように安定させることも大切なことです。ストレスなどによっても、ホルモンバランスに乱れが生じることもあります。ストレスも適度に発散できるように生活環境を改善していくことも必要です。

 

健康を意識して、運動をする習慣を身に着けることも、血流の改善につながり、頭皮に対して栄養を送るためには、血液が重要な役割があります。そのため、頭皮が栄養不足を起こさないように、適度な運動をする習慣を身につけ、血流を改善していくことも、対策や予防になるでしょう。

 

女性の場合には、ダイエットなどをして、偏食や食事制限により体の栄養が不足しがちになる傾向もあるため、食事なども栄養バランスのとれた食生活を心がけることも、抜け毛を防ぐには必要なことです。

 

生活習慣を見直して、できる範囲で改善を心がけ、抜け毛が増加しないように日々、予防や対策をしていくことが重要です。

女性の抜け毛6タイプ

女性の抜け毛は様々なものがあり、6タイプあげられます。

 

髪の毛が抜けてしまう原因はそれぞれ異なっているため、その原因に合わせて対処していくことが改善へとつながります。

びまん性脱毛症

男性型脱毛症と同じ種類のもので男性ホルモンによって発症します。男性とは症状が異なるため男性はAGAと区別するためにFAGAとも呼ばれています。びまんとは一面に広がるという意味です。つまり髪の毛全体が薄くなる症状で、加齢やホルモンバランスの変化、ストレス、ダイエットなどによって引き起こされます。

 

⇒対処方法としては、原因を取り除くことが必要で、生活習慣や食生活を見直していくのと同時に育毛剤などを利用して頭皮ケアなどを行うとより効果的です。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は、文字通り妊娠中から産後にかけてホルモンバランスが変わることによって薄毛になる症状です。通常ですと半年?1年程度で自然回復することが一般的です。高齢出産の場合には完治が難しくなるケースもあります。

 

⇒対処方法としては、髪の毛に必要なカルシウムやタンパク質を積極的に摂取するか、育毛サプリメントを利用することが有効となります。

 

牽引性脱毛症

髪の毛を長期間引っ張ることなどで起こる症状になります。ポニーテールなどの髪型や分け目がいつも同じだったりすると引き起こされます。

 

⇒対処方法としては、ヘアスタイルを時々変えたり、髪や頭皮の負担を減らす頭皮マッサージなどをすることが予防につながります。

 

円形脱毛症

誰にでも発症する可能性のある免疫性疾患です。10円玉程度の円形に脱毛してしまう症状で基本的に小さいものであれば自然治癒することができます。しかし、大きく広がったり再発を繰り返すケースもあり、そんな時の治療方法としては塗り薬や内服薬の処方、炎症を抑えるステロイド薬が使われる、局所免疫療法などの治療が行われます。

 

脂漏性脱毛症

過剰分泌された皮脂が毛穴をふさいで炎症を起こす症状です。皮脂の過剰分泌はホルモンバランスの乱れや間違ったヘアケアなどによって引き起こされます。

 

⇒対処方法としては、なるべく早めに医師に相談することをオススメします。セルフケアとしては頭皮を清潔に心がけてビタミンB群を意識したバランスの良い食事と規則正しい生活を行っていくことなどが大切です。

 

ひこう性脱毛症

乾燥したフケが原因の脱毛症です。乾燥したフケが毛穴をふさいで炎症を引き起こします。過度のシャンプーやすすぎが不十分であったり、カラーリングやパーマをやりすぎると引き起こされます。

 

⇒対処方法としては、シャンプーは1日夜に一回程度にしておき、すすぎをしっかり行います。カラーリングなどもやりすぎないで正しくヘアケアすることが大切です。